Home | Link | Sitemap
Home > 抱き枕を使ってみよう! > 選び方
Yahoo!ブックマーク Google Bookmarks はてなブックマーク niftyクリップ livedoorクリップ del.icio.us

選び方

別のページで紹介した、中身の素材や形状のほかにどんなことに気をつけて抱き枕を選べばいいのでしょう?抱き枕を選ぶときには、硬さや通気性、サイズなどのチェックも忘れないでくださいね。抱き枕の選び方のポイントを押さえて、デザイン性ばかりでなく、安眠のための機能性にも、こだわりましょう!

抱き枕を選ぶポイントは?

これから抱き枕を買おうとしている人、今使っているけどもっと上手に使いたいと思っている人、本当に安眠の効果があるのか半信半疑の人…いろんな人が、このサイトを読んでくれていると思います。目的が違えば、何を重視して抱き枕を選ぶかも変わってきますよね。

抱き枕にはリラックス効果だけでなく、妊娠中の人の寝姿勢を手助けしたり、いびきや腰痛を防止したり、アニメのプリント柄で目を楽しませたり…。今は、このように抱き枕にも様々な働きがあります。何のために抱き枕を使うのか?それが、抱き枕を選ぶときの大きなポイントになるでしょう。

硬さ

みなさんは、硬い抱き枕が好きですか?それとも、やわらかい抱き枕が好きですか?硬さがしっくりこないと、熟睡できなかったり、首や肩が痛くなったりすることがあります。抱き枕の硬さは形や中身の素材によって異なります。

やわらかい抱き枕一般的に硬めの抱き枕は、たいてい寝姿勢をサポートするときに使われますね。「人工綿」や「低反発ウレタン」の素材が多く用いられます。中身のぎっしりした抱き枕を選ぶようにしましょう。一方、やわらかめの抱き枕は、リラックスや癒し系アイテムの一つとして人気があります。このため、中身の素材は不思議な感触のマイクロビーズ素材や、ふんわりした羽根素材などが多く使われています。さらに、外側の生地は伸び縮みのするニットや綿生地を使用し、柔軟性を作り出しています。

やわらかい抱き枕はリラックスする目的だけかというと、そうではありません。硬い抱き枕と同じように、寝姿勢をサポートするタイプもあるんですよ。今は、やわらかくても、しっかり安眠をサポートする機能性の高い抱き枕が、たくさん販売されています。

通気性

通気性の良いカバー普通の枕も通気性は大事ですが、抱き枕は抱きついて使うものなので肌に接する面がより多くなります。このため、通気性はなおさら重要になってきます。この通気性は、抱き枕の中身の種類とも関係しています。

とくに夏の時季は、抱き枕を使うと、暑くて眠れない…ということになりかねませんね。せっかく抱き枕を使ってリラックスするはずが、全然リラックスできなくなってしまいます。冬の時季は、抱き枕が欠かせないという人もいると思いますが、夏になると押入れの奥底にしまいこんでいませんか?普段、抱き枕を使って寝る習慣が付いてしまっている人は、抱き枕がないことで、逆によく眠れなかったりする人もいるでしょう。

抱き枕は、どの素材を使っても、どうしても熱がこもりやすくなっています。ですが、これでは冬はいいとしても夏が問題ですよね。そんなときは抱き枕の生地やカバーを工夫してみてください。探してみると、熱を上手に逃がす対策が施されているものがたくさんあるんですよ。なかでも、籐や竹素材の抱き枕はおすすめです!通気性抜群で、寝苦しい夏の夜も気持ちよく眠ることができます。通気性のいい抱き枕と、そうでないものを季節によって使い分けることも、上手な使い方ではないでしょうか。

サイズ

自分に合うサイズすっぽり包まれる感じが心地よくて、大きめのサイズを好む人もいるでしょう。けれど、抱き枕のサイズも大きければいいというものではありません。あまり大きなサイズだと、いくらギュッと抱きついても掛け布団からはみ出してしまう場合もあります。すると、布団のすき間から冷気が入って寒い!なんてことも…。これでは、せっかくの暖かい抱き枕も台無しです。

また、サイズが小さすぎても困ります。包まれている感覚が薄れて、体をリラックスさせて安眠の手助けをするという、抱き枕本来の役割を果たさなくなることも考えられます。なので、ちょうどいいサイズの抱き枕を選ぶようにしましょう。身長にもよりますが、一般的には男性や大きめの抱き枕が好みの人はL、女性や年配の人はM、子供はSがあります。

ページの先頭へ戻る